小牧市役所 情報システム課の女性係長(46歳 ※2019年現在)。名前は公表されていないので不明(ただしTwitter等ではすでに「この人物では?」と言う名称があがっている)。パワハラの常習者で、すでに複数人が被害にあっている。はっきりと公表されてるのは、昨年(2018年)7月に当時部下だった情報システム課職員の方に対し、無視や威圧的態度、仕事のやり方を教えないなどによって自殺に追い込んだ事件と、小牧市教育委員会に所属していた時所属していた教育総務課庶務係で精神疾患者を続出させた問題で、これらは第三者委員会から「パワハラ認定を受けている。さらに2015年に当時所属していた行政経営課でも部下との間で大きな事案を引き起こしており(第三者委報告書の「D氏事案」、告発アカウントによれば自殺未遂に追い込んだとのこと)、さらに本人にパワハラの自覚がまったくなく、第三者委員会も「またパワハラを繰り返す可能性あり!」と指摘している。

パワーハラスメントの疑いに係る第三者委員会報告書(公表版、PDF):小牧市

しかもこれだけパワハラ繰り返す問題を起こしてるのに、小牧市役所側(市長の山下しずお を始めとする市の幹部たち)はこれまでこの人物が起こした問題にまったく何の対処もせず、あまつさえ事件の情報を隠蔽していた(この自殺の件も遺族が公務災害申請するまで3ヶ月間秘密に、こちらのリンク先記事の日付けを要参照、自殺されたのは7月でしたが市が公表したのは10月)など、今の小牧市役所がいかにひどい状況か分かる第三者委員会も市の一連の対応のひどさを指摘している)。

なお夫も同じく小牧市役所に勤めていると言う情報もあり。また市長の山下しずお とともに隠蔽工作選挙での脅迫事件(これもパワハラ)に関与している疑い濃厚な伊木利彦 副市長とこのパワハラ常習者が仲が良いため、一連の問題がもみ消されたり、市職員が自殺した後もパワハラ常習者が何のお咎めもなく職場復帰したのではと言う指摘も。加えて同じく隠蔽・脅迫事件関与疑いの江口秀和 副市長夫の元上司で、前回の事件(D氏案件か)復職時に協力したと言う指摘も、告発アカウントがツイートしている。さらにパワハラ常習者がすでに別の課(行政経営課)に移動になったと言う情報も、告発アカウントがツイートしている。事実ならこれもパワハラ常習者を保護するためではと「依願退職」と言う形で辞めたのでこの可能性はなくなりましたが、退職金はせしめたのではと)。

ちなみにパワハラ自体は小牧市役所で他にも複数訴えが上がっているが、市長公室公務長と総務部長がそれらを放置していると言う指摘も、告発アカウントが指摘している。

複数人をパワハラで精神疾患に追い込み、しかも1人は自殺に追い込んでる。またもう1人も自殺未遂に追い込んだと言う情報(「D氏事案」)にも関わらず、本人にパワハラの自覚や反省の意思(実際まだ遺族に謝罪もしてないらしい)がまったくない人物にも関わらず、懲戒免職にならず、わずか6ヶ月の停職(6ヶ月休めば問題ない)と言うのは、明らかに罰が軽過ぎる!しかも雇用を継続させると言うことは今後も被害者が増え続ける危険性もあり、その点でもこの処罰対応の仕方は異常としか言い様がない!

それも市長の山下しずお一派として様々な不正に関与してるので、抜けるとバラされるからではと疑っている。市民騙してツタヤ図書館建設(今もツタヤ図書館再建設してるが)に関与していた小牧市教育委員会に、このパワハラ常習者が所属していたし。

【追記(2020年10月22日)】
なお職員が自殺に追い込まれてから2年以上経った今(2020年10月)も、パワハラ再発防止策は発表されていないため、遺族が再度原因究明と再発防止策を訴えている。

2年前の市職員パワハラ自殺「原因究明と再発防止策が不十分」遺族らが市に協議申し入れ:メ~テレニュース・・・見れない場合はこちらのリンク先魚拓ページを参照して下さい。

そしてこの訴えの受け取りは他の職員にさせ、市長自ら受け取ることは拒否したとのこと。


【追記(2020年10月23日)】
またこの2年間1度も遺族や組合に対し公式な報告をしていなかったとのこと。


【追記(2020年11月25日)】
報道から1ヶ月経ち、ようやく協議に応じる姿勢とのこと。


【経歴】
1994年(平成6年)4月に小牧市に一般職として入庁。
2009年(平成21年)4月に主査級に昇格

2013年(平成25年)4月に係長級に昇格。
・教育委員会 事務局教育総務課庶務係(パワハラで精神疾患者による休職者を続出させる)
・都市建設部都市政策課
などを経る。

2015年(平成27年)行政経営課で「D氏事案」を引き起こす。
2015年(平成27年)11月〜2016年(平成28年)6月の間、なぜかこの人物が病気休暇の取得及 び病気休職。2016年4月から行政経営課付としてリハビリ出勤。
2017年(平成29年)4月に情報システム課統計調査係に配属され、係長に。
2018年(平成30年)4月に自殺された職員の方が移動で情報システム課統計調査係に配属される。
2018年(平成30年)7月にこの職員からパワハラを受けていた職員の方が自殺。
2019年(令和元年)8月19日付けで「一身上の都合」と称して退職

※. 上の経歴は2018年のものまでは小牧市の「パワーハラスメントの疑いに係る第三者委員会報告書(公表版)」(PDF)より。


【関連リンク】
第三者委員会:小牧市
 ・パワーハラスメントの疑いに係る第三者委員会報告書(公表版、PDF):小牧市
小牧市職員が自殺!?市役所内部ではパワハラが頻発!?:Togetter
小牧市役所パワハラ自殺問題の実態:Twitter・・・このパワハラ常習者の問題を告発しているTwitterアカウント。
小牧市役所の女性係長がパワハラ連発?処分が軽すぎる・・・:ニコニコブログ・・・この問題を詳しくまとめているブログ記事。

公務災害:パワハラが自殺に 小牧市職員遺族が認定申請:毎日新聞
職員自殺、公務災害申請 パワハラ原因と遺族、愛知:日本経済新聞
小牧市職員自殺はパワハラ原因か 愛知、第三者委員会が認定:共同通信
市職員が自殺 「上司のパワハラが原因の可能性高い」:朝日新聞デジタル
30歳の部下が自殺…パワハラ認定の市役所女性係長が停職6か月 “1人だけ会話しない”等の扱い:東海テレビニュース
小牧市の男性職員「パワハラ自殺」 上司の女性係長らを懲戒処分 愛知・小牧市:中京テレビNEWS
懲戒処分:自殺職員の上司、パワハラを認定 小牧市/愛知:毎日新聞
パワハラ認定の係長を停職の懲戒処分 愛知県小牧市:中日新聞
愛知 小牧市職員の自殺 「公務災害」と認定:NHKニュース
職員の自殺原因は上司のパワハラ、公務災害に認定 小牧市:中京テレビNEWS
上司から“パワハラ”受け…小牧市職員の自殺は「公務災害」と認定 愛知:メ~テレニュース
愛知・小牧市職員自殺 公務災害に認定 上司パワハラ:毎日新聞
上司のパワハラが原因…愛知・小牧市役所職員の自殺が「公務災害」に認定 上司は停職6か月:FNNプライムオンライン
職員自殺「公務災害」認定 愛知、上司からパワハラ:日本経済新聞
上司のパワハラが原因…愛知・小牧市役所職員の自殺が「公務災害」に認定 上司は停職6か月:東海テレビニュース
小牧市職員の自殺は公務災害 遺族からの申請認定:中日新聞

臨時市議会開催11月22日(木):小牧市政をかえる会
小牧市議会 臨時議会:小牧市政をかえる会
明日 小牧市議会 臨時会 官製談合・パワハラ自殺事件条例:小牧市政をかえる会

山下しずお小牧市長が「推薦しなければ手当減らす!」と市職員を脅迫!?地方検察に訴えられる!(追記あり) : Kyu3’s Blog・・・市長山下しずお自らによるパワハラ事件。伊木・江口 両副市長の関与も疑われている。
山下しずおが予定価格漏洩の隠蔽を指示!?「小牧市政をかえる会」がリーク文書を全文公開!(小牧市こども未来館・子育て包括支援センター官製談合問題) : Kyu3’s Blog・・・伊木・江口 両副市長の関与も疑われている情報隠蔽事件。
草の根で支援者を増やす上禰氏と権力悪用する山下しずお(追記あり) : Kyu3’s Blog・・・上記で「他にもパワハラ訴えてる職員がいる」と書きましたが、それに関する記述あり。あと市長山下しずお による権力の不正利用についてなど。
パワハラ常習者告発アカウントとは別のアカウントによる小牧市役所パワハラ告発ツイート
「深く反省」「再発防止」などを口では言いつつ、その2日後には毎年恒例の支援者への利益供与であるカニ旅行に出かける市長山下しずおに関するツイート